読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

500点台から600点台の方必見! TOEIC700点を取得する勉強方法

【スポンサーリンク】

TOEICは今や必須の資格ですよね。近年は800点や900点という高得点を取得している猛者も多くなってきましたが、そこまで英語にばかり時間をかけられないという人、もしくは英語があまり得意出ない人が目指せる現実的なラインは700点ぐらいなのではないでしょうか。そこで今回は700点台を取るためにはこれぐらいの勉強をするとよかったですという経験談を記事にしたいと思います。

 

 

 

おすすめ参考書

私が実際に使った参考書は以下の5冊です。

まず英単語を覚えていなければTOEICは始まりません。一番左に紹介したスピードマスターは、定番の単語を紹介した後、TOEICに特化したビジネス単語や日常単語を収録しているため、TOEIC対策には最適です。TOEICはやはりビジネス系単語の登場頻度が高いため、一般的な単語帳を利用するよりも、このようなTOEIC特化型の単語帳を利用するのが良いでしょう。

次に文法に関しては「文法問題でる1000問」を解けば十分です。解説と大量の問題集になるのですが、これを何周か解いたおかげで、文法問題が出題されるパートがかなり得点源となりました。

3番目と4番目に紹介したのはリスニング対策の参考書兼問題集です。リスニングについてもTOEICは独自の出題パターンが多いので、このような特化型参考書を利用するのが良いでしょう。

そして最後に紹介しているのがお馴染み「公式問題集」です。新形式となってからはあまり発売されていないので、この1冊を買ったら無駄使いせずきちんと解き込むことが大事です。

 

長文読解対策におすすめのサイト

さて上記の参考書には長文読解対策本が入っていないことにお気づきでしょうか。かつては英語に触れるためには問題集を買い、新しい長文を入手するしか方法がなかったのですが、今やネットを使えば英文を簡単に入手できます。そのためわざわざ問題集を買うよりも、ネットで見つけた英語に毎日触れることのほうが重要だと私は考えました。

リスニングではTEDが大変話題になりましたが、長文対策で私がおすすめするのは、かの有名なコンサルティングファーム マッキンゼーアンドカンパニー社が提供する以下のサイトです。

www.mckinsey.com

TOEICはビジネス関連のテーマが出題されることも多いため、ビジネスがテーマの英文が豊富に掲載されるこのサイトはTOEICの長文対策にはうってつけだと思います。700点台では、記事によっては難しいものもあるかもしれませんが、この難易度、この分量の英語を毎日のように読んでいれば、TOEICの長文が短く簡単なものに感じられるようになります。

 

私の勉強方法

可能な限り毎日勉強するようにしていますが、実際には難しいですよね。私の場合は数ヶ月かけて単語、文法、リスニング対策、長文対策を継続していました。およそ1日1時間から1時間半の勉強を続けることで700点台に到達しています。

 

高得点を取得されている方には物足りないかもしれませんが、現在500点から600点台の人は、この問題集やサイトを使って勉強すると良いかと思います。