絶叫マシンが苦手な人でも乗れるディズニーのアトラクションと浮遊感の原因

夢の国ディズニーリゾート。せっかくの機会なので楽しみたいところですが、絶叫マシンが苦手で心配という方も多いのではないでしょうか。ここでは私が行っている絶叫マシン対策が有効なアトラクションと、そうでないアトラクションについて記事にします。事前に知識があるだけで、だいぶ楽になると思います。

 

 

浮遊感の原因と私の絶叫マシン対策

私が絶叫マシンを苦手だと思っている理由は、落ちるときの浮遊感が苦手なためです。この浮遊感(胃が浮く感覚という表現がされることもあります)は、耳の内部にある耳石器による影響なのだそうです。耳石器とは重力など加速度の認識をつかさどる器官なのですが、例えばエレベーターがさがる時、体全体が下にさがるスピードと比べて、この耳石器のリンパ液中にある耳石が遅れて降下するために浮遊感が起こります。

そこでこの浮遊感を抑えるためには、絶叫マシンが下に落ちるときに頭をグッと下に向けるという対策が有効です。頭を下に向けることで、強制的に耳石の降下の遅れを防ぐことができます。

 

ディズニーランドのアトラクション

カリブの海賊

このアトラクションでは一番初めにとても短い落下があります。これに関しては頭を下に向ける対策を施すことなくともギリギリ乗り切ることが出来ます。反対にいえば、カリブの海賊でギリギリな程度に私は絶叫マシンが苦手であるともいえます。

ガジェットのゴーコースター

いかにも絶叫マシンという形をしてはいるのですが、大きな落下もなくスピードも遅いため問題なく乗れます。少し浮遊感を感じたときだけ頭を下げればよいでしょう。

ビックサンダーマウンテン

さて、問題はここからだと思います。最初これに乗るために並んだ際は何度も途中でやめようかと悩んだのですが、今ではとても好きなアトラクションです。全体的に明るい雰囲気なので不安を煽られることもありませんし、浮遊感が苦手な人が不安に感じるべき部分は最後に訪れる大きめの落下のみです。しかし、ここは頭を下げる対策で十分にカバーできます。ディズニーランド3大コースターに初めて乗る場合はここから始めるのが良いのではないでしょうか。

スプラッシュマウンテン

小さい落下が2,3回あり、最後に有名な大きな落下が1度あります。小さい落下についてはカリブの海賊と同程度なので心配はいらないでしょう。最後の大きな落下なのですが、これも私の場合は頭を下げる対策でカバーできています。落下時間は意外と長くないので、全身の血が逆流するような緊張感はありますが、なんとか乗り切れます。(ただし記念写真は必ず下を向いて写ることになります。)

スペースマウンテン

暗い雰囲気と導入部分の独特な光と音で不安を煽られるのですが、最初の空間はなにも起こらないので、のんびり乗っていれば大丈夫です。次に広くて暗い空間に抜けてからが始まりです。これは前が見えにくいので少し怖く感じるのですが、基本的にはゆるい角度で右に旋回して下がっていくだけなので、意外と問題ありません。浮遊を感じる瞬間もそれほどないので実は怖くないというのが一度乗ってみた感想でした。

 

このようにディズニーランド側はそれほど問題ないかと思います。

 

ディズニーシーのアトラクション

レイジングスピリッツ

ビックサンダーマウンテンが乗れる人であれば問題ありません。これの特徴は一回転があるというものなのですが、浮遊が苦手な人は回転には耐えられるはずです。回転は基本的に遠心力により押さえつけられる感覚を受けるものなのですが、レイジングシピリッツの場合はそれほど強くはありませんでした。

センターオブジアース

最高速度のアトラクションということが特徴なので、全体的な暗い雰囲気と風圧さえ我慢できれば落下自体は耐えられるレベルだと思います。その変わり、列に並ぶあたりがいかにも怖そうな雰囲気を漂わせているため、私は長いこと逃げてきました。一歩を踏み出すハードルが少し高いアトラクションかもしれません。

タワーオブテラー

未だに乗ったことがありません。浮遊が苦手な人は最も避けるべきアトラクションです。頭を下げる対策は垂直落下には効果が薄くなります。これ以外にも全身の力を抜く、という種類の対策を取っている方もいるようで、そのようなタイプの方なら耐えられるのかもしれません。しかし私と同じ対策を取る人には難しいと思います。

 

せっかく夢の国に行くのであれば怖い思いをしたくないですよね。是非この記事を参考に楽しんできてください。

 

 

2017.09追記

ナイトハイ・ハロウィーンについてはコチラ

www.worker-tokyo.com

 

ディズニー専門サイトを開設しました!