明智光秀はなぜ裏切ったのか 「国盗り物語」のあらすじと感想

司馬遼太郎作品のなかでも有名な国盗り物語。斉藤道三の時代から本能寺の変までを描く歴史小説で、時代背景の面白さもあって終始盛り上がりのある内容となっています。今回は本作品のあらすじと簡単な感想を記事にします。

 

 

 

あらすじ

国盗り物語 斉藤道三編

斎藤道三の出自は明らかではありませんが、もともと名のある武家に生まれたわけではないようです。しかし彼は天下を掌握することを夢見ており、頭にその展開を思い描いていました。まず当時商業の覇権を握っていた油屋を営んでいた女性に近づき、自分と結婚させることで乗っ取りに成功します。これにより巨万の資金を得られたわけです。次に日本を隈なく歩いた中で注目していた、美濃の国を乗っ取りにかかります。美濃の国は当初土岐家が治めていたのですが、道三は国主である土岐政頼の弟、土岐頼芸に取り入ります。そして兄弟の仲違いを煽り、主である頼芸を国主に据えます。しかし、もともと国を治める能力などもっていなかった土岐頼芸を追い出し、最後には自分が美濃の国を乗っ取るわけです。この美濃の国を奪い取っていくなかで、とある女性との間に出来た子が、織田信長の正妻である濃姫となります。

国盗り物語 織田信長編

さて、織田信長と斉藤道三は義理の父子の関係となります。斉藤道三は信長の将来に可能性を見出し、多くの支援を施していたようです。しかし、同じように道三が目をかけていたのが、姻戚関係にあった明智光秀です。この小説では道三の意志を受け継ぐ弟子同士による対立がテーマとなっているようです。

織田信長は若くして亡くした父の後を継ぎ、勢力を拡大していきます。これに対して、道三亡き後放浪生活をしていた明智光秀は、当時寺に追いやられていた足利家の将軍義昭を担ぎ上げることで自身の名を上げようと奔走します。上洛を目指す信長にとって、足利義昭は便利な道具でした。そこで利害の一致した織田信長は、明智光秀を召抱えることになります。その後は織田信長包囲網(武田信玄、浅井長政、本願寺、毛利など)の展開となっていき、最終的には本能寺の変へと向かいます。

 

感想

国盗り物語は史実に即しているのか

どうやら斉藤道三編はほとんどフィクションのようです。この小説では道三が一人で美濃を乗っ取ったとなっていますが、近年では二世代での乗っ取りだったのではないかとされています。また油屋で娶った道三の嫁であるお万阿も実在の人物ではないようです。ただし織田信長編は史料が豊富だからなのか、それほどフィクションなようには感じませんでした。

 

斉藤道三のスマートな生き方

こちらはフィクションの色が強いからかもしれませんが、後世の印象と違い斉藤道三の若い頃はとても魅力的な人物のように描かれます。とくに美濃の国を乗っ取るまでの展開はすべて鮮やかであり、読んでいるこちらも今度はどのようなトリックで盗んでいくのだろうとわくわくしながら読み進められます。それだけに、年老いてからの道三が、天下を夢見たのに美濃一国を奪い取るだけで人生を終えてしまったと嘆く様子はとても悲しく映ります。能力に優劣があっても人間に与えられた時間は平等だという事実が、本書では際立っていました。

 

明智光秀はなぜ裏切ったか

本作品にはその答えが書かれていたと思います。1つ目は光秀個人の信長への恨み、2つ目は織田家家臣の負う悲しい宿命が理由です。

明智光秀は利口で生真面目な性格であるために、信長とは合っていませんでした。酒宴の席などで、もっともらしい顔をして座っていたために信長の怒りに触れ、怒鳴り散らされることが多かったようです。現代でも飲み会で上司に媚を売ることが大事なわけですが、光秀はこれが得意ではなかったようですね。これらの屈辱的な扱いに光秀の忍耐が限界となってしまいます。

それでも門閥でない光秀が織田家の筆頭大名となれたのは、信長が徹底した能力主義者であったためです。豊臣秀吉も農民の出身ですが、最終的には門閥である柴田勝家などを差し置いて、明智光秀と豊臣秀吉は織田家臣の筆頭となっていきます。現代でいえば、学歴のない中途採用社員が、幹部になるようなものでしょうか。しかし、このことから光秀の頭にはある懸念がよぎります。「狡兎死して走狗煮らる」という故事です。これは兎がいなくなったのでそれを狩る犬を煮て食べてしまうという意味。つまり、道具として重宝されている今は良くても、織田の天下が完成すれば実績のある自分たちは殺されるだろうということです。実際に信長はかつての重臣であった数名を追放し始めていました。このうち佐久間信盛へ宛てた折檻書が私はとても印象に残っています。「お前たち父子は、五ヵ年も付城に在城していながら、善悪の働き、これ無し」というものです。ようするに成功も失敗もせず、怠惰に過ごしていることを指摘されています。そのうえ愚痴ばかり言っているということで、このような働き嫌いの愚痴屋を信長は最も嫌っていたそうです。このような徹底した実力主義の織田家において、明智光秀の心労は絶えなかったのでしょう。

 

斉藤道三編は物語として面白く、織田信長編は会社での出世競争や上司と部下の関係に照らし合わせて読み進めていくととても学べることが多くあります。長さとしては中程度だと思うので、気軽に読んでみることをおすすめします。