【痩せすぎな人の太り方】健康的に太るために意識すべき3つのこと

太っている人のダイエットはおなじみですが、それとは反対に太りたいのに太れないという悩みを抱えている人はいないでしょうか?実は私がその一人です。昔から体重が増加せず見た目が華奢なため、いまいち自信なさげに見られてしまいます。今回は同じような悩みを抱える人のために、私が普段意識している健康的に太る方法をご紹介します。

 

運動をする

囚人トレーニング

まず注意しなければならないのは、ただ太ればよいのではなく健康的に太る必要があるということです。そのため運動は継続しなければなりません。ただし仕事もしているためそんな時間的余裕はないという方も多いと思います。またジムに通うのもお金がかかって嫌だという方も多いでしょう。そこでおすすめなのが囚人トレーニングです。

検索すれば詳細はたくさん出てきますが、囚人トレーニングとは自分の体重による負加だけで行う筋トレです。自分の体重だけで行うトレーニングは負加が小さく効果が無いものが多かったのですが、囚人トレーニングの負加は相当なものです。最終的には片足スクワットや、逆立ち片手腕立て伏せなどにたどり着きます。

このトレーニングは自宅で気軽にでき、またトレーニング内容も自分の筋力に合わせて調整できるので、やる気さえ続けば最高の運動になるでしょう。

 

サイクリング

囚人トレーニングによって体を鍛えるのは良いのですが、たまには日光を浴びて体を動かしたいですよね?そこでおすすめなのがサイクリングです。

近年は街中でロードバイクを漕いでいる人を多く見かけるようになりました。あそこまでいくにはハードルがあるのですが、もう少し気軽に本格サイクリングを楽しむ方法があります。それはクロスバイクによるサイクリングです。ロードバイクは舗装した道路を高速走行するための自転車なので、タイヤがとても細く日々のメンテナンスも必須になります。しかしクロスバイクは街中での利用もできる仕様なので、タイヤが太くメンテナンスも基本的に不用です。さらにロードバイクよりも一回り値段が安くなります。5万円程度のモデルを買えば、気軽な運動には十分でしょう。

 

食事に気を使う

食べる量を増やす

やせている人はエネルギーの消費量が、食事による吸収量より多くなっています。そこで健康的に太るためには、食事による吸収量を増やさなければなりません。様々な事情で食事が出来ないこともあるかもしれませんが、可能であれば家族の協力も得ながら、少しずつ食事の量を増やしましょう。

よく噛んで食べる

私は早食いのクセがあったのですが、これは食事の方法としてよくありません。食事によって得たエネルギーがそのまま排泄されるのではなく、体にきちんと吸収されるために、よく咀嚼してから飲み込むようにしましょう。慣れないうちは回数を数えて食べると、このことを忘れないのでおすすめです。

 

プロテインを飲む

プロテインに関してはお金の問題と腹痛の危険性があるということで、なるべく手をつけたくなかったのですが、私は現在毎日飲んでいます。

飲み方は一日1回から2回で十分です。昼間に運動をした日はその直後に一度のみ、運動をしていない日もしている日も就寝前にもう一度飲みます。飲み方は牛乳に溶かす方法がおすすめです。最初は水に薄めたのですが、まずくて飲みたくありませんでした。

ちなみに、プロテインは体質が合わない場合腹痛を起こす可能性があるそうです。これはたんぱく質の取り過ぎによるもので、油の濃いラーメンを食べて腹痛になるのと原因は同じだそうです。そのため一番最初に飲むときは、牛乳ではなく水に溶かして飲み、体の調子を見るようにしましょう。幸い私は耐性のある体質でした。