イオンの各種ポイントや株主優待カードの仕組みがわかりにくいのでまとめる

私は普段イオンで買い物をすることが多いため、イオンの株式とイオン銀行のキャッシュカードと一体になったクレジットカードを保有しています。しかし調べてみるとイオンには様々なポイントが乱立しており、慣れるまで少々手間取ったのでまとめておきます。

 

 

イオンお買物
イオンお買物
無料
posted with アプリーチ

 

株主優待

まずは株主優待からです。

イオンの株式を100株以上保有すると、イオン株主優待カードが手に入ります。このカードを買い物の際に提示すると、優待カードに購入履歴をつけてくれます。そして半年に一度、購入金額の3%がキャッシュバックされる仕組みです。半年経過すると返金額が記載された用紙を受け取れるので、そちらをイオンの窓口に持っていけば大丈夫です。

注意点は2つです。1つ目は、ワオンカード、イオン系列のクレジットカード、現金払いでなければ購入履歴がつきません。そのため、普段suica等で買い物をしている人は支払い方法を別途検討してください。無事に購入履歴がつくとレシート下部に記載があるので確認できます。

2つ目は専門店では利用できないということです。そのため基本的に食品を買うときに利用することが多くなるのではないでしょうか。

 

WAONポイント

こちらは200円の購入ごとに1ポイント獲得できるポイントサービスです。支払い方法は何でもよいので、現金にしろワオンにしろ、カードを提示さえすればポイントが貯まります

買い物際には1ポイント1円で利用することができます。Tポイントと同様のものだと思えばわかりやすいのではないでしょうか。こちらも購入後はレシートに記載がなされます。ちなみに5、15、25日にはポイントが2倍付与されます。

また注意点は株主優待と同様で、専門店での利用はできません。

 

ときめきポイント

ときめきポイントはイオンクレジットカードの利用により付与されるポイントです。通常は200円で1ポイントとなるので還元率は0.5%です。

ただし20、30日にはカードを提示するだけで5%割引の恩恵が受けられ、5、15、25日はWAONポイント同様ポイント2倍キャンペーンが実施されています。また上記の2つと違い、専門店での買い物でもクレジット払いを利用すればポイントが手に入ります。クレジットカードなので当然ですね。しかし通常のポイント還元率は0.5%と低いほうなので、わざわざ使う必要があるかと言えば、そうでもないかもしれません。

イオンカード(WAON一体型)

 

お買い物アプリ

スマホでイオンのお買い物アプリをダウンロードするとクーポンなどを受け取ることができます。私のときは初回登録特典で5%割引クーポンを受け取りました。

普段は食品を除く衣類などのクーポンが配布されています。利用頻度が多い人は登録すると便利です。

 

まとめ

このようにイオンの特典をフル活用して買い物をする場合は、かなり複雑な仕組みとなります。

クーポンと株主優待カードとイオンクレジットカードを提示して、支払い方法はクレジット払いでお願いするという手順は、慣れるまでは混乱すること間違いありません。なんとか一本化して欲しいところではありますが、難しいのでしょうね。