【ブログ3ヶ月目】人気記事と3ヶ月間の感想

ブログ運営は3ヶ月目になりました。先月までの変更でカスタマイズは比較的満足してしまったので、今月の変更点はありません。これまで定期的に報告記事を書いていましたが、大きな変更を行うまでしばらくは中断しようと思っています。

 

 

ブログ運営の感想

そもそも私がブログを始めたのは、自分を表現する場が欲しかったこと、記録を残す場が欲しかったこと、可能であれば少しお小遣い稼ぎをしたかったためです。

実際に3ヶ月間運営してきましたが、自分を表現する場としてブログはとても良いものだと思っています。これまでは誰かが作ったものを受け止めるばかりでしたが、自分から発信する機会をこのようにして持てたことは、とてもよかったです。

また、人気になる記事とほとんど読まれない記事が出てくるのは当然のことなのですが、実はあまり読まれていない記事の中には、自分がそのことを忘れないようにするための重要なメモとしての意味を持つものが潜んでいたりもします。特に本に関連する記事は、どのようなことが書かれていた本なのか復習しやすくするための記事である場合も多いです。そのため本の内容を少し書きすぎてしまっている部分もあるかもしれませんが、ルール違反は犯さないように可能な限り調整しているつもりです。

さて、ブログで広告収入を得ることについてはほんとうにできることなのかどうか懐疑的でしたが、実際に可能であることがわかりました。ものすごく大きな利益を上げているということではありませんが、雇われではなく、お金を自分で得ることの面白さも少し理解できたように感じます。

少し興味深かったのは7月後半になって、ページビュー数が倍近くになったことです。3ヶ月目だから伸びたというよりは、夏休みだから伸びたということなのだろうと思っています。ウェブの世界にもこのような波動性があることがわかり驚きました。

 

今月の人気記事

第1位

www.worker-tokyo.com

今月も直虎でした。最近は今川と徳川の間で揺れる井伊家となっており、これまでに比べて少し良くなって来たように思うのですが、相変わらす「直虎 つまらない」でこのページを訪れる人が多いようです。

 

第2位

www.worker-tokyo.com

じわじわと順位を上げてきて、いつの間にか人気記事になっていました。やはり夏休みシーズンが到来するとディズニー関連の検索が増えるようです。この記事は絶叫苦手人間としてずっと生きてきた私のすべてを伝授する記事なので、苦手な方はぜひご覧ください。

 

第3位

www.worker-tokyo.com

この記事はまさに、先ほど述べた本の内容を忘れないようにするための記事です。タイトルで吊り上げていると思われるので少しずるいとも思いますが、これもいつの間にか人気記事となっていました。新書太閤記は青空文庫で無料配信されているので、興味のある方にはおすすめです。