【僕は明日、昨日のきみとデートする】映画の感想とネタバレ

福士蒼汰と小松菜奈の主演映画である、僕は明日、昨日のきみとデートする。当時から主題歌「ハッピーエンド」が好きで気になっていたため、すでに一年前の映画ですがお馴染みU-NEXTで見てみました。さりげなくタイトルが五七五なので語感がいいですね。今回は感想とネタバレについて書きます。

 

 

 

内容

さすがに最新作というわけでもないですし、ネタがわかっていても感動できる(と思う)ので書いてしまいます。

以下ネタバレを含みます。

この映画のポイントは二人の時間が逆行しているという点です。小松菜奈は並行世界の人間らしく、その世界は福士蒼汰のいる世界(普通の世界)とは時間の進み方が反対なのだそうです。2つの世界がリンクするのは5年に一度、一度のリンクにつき30日間のみ小松菜奈が福士蒼汰の世界に来ることができます。

福士蒼汰は5歳のころ川でおぼれていたところを35歳の小松菜奈に助けられます。そして5歳の小松菜奈は、35歳の福士蒼汰にお祭りの爆発事故の際に助けてもらいます。この瞬間がお互いの最初の出会いであり、最後の出会いでもあるわけです。リンクは5年に一度なので、二人がちょうど20歳の時にも世界がリンクします。そしてこの間の30日を描くのが本作品です。

この30日間も二人の時間は逆行し続けます。つまり福士蒼汰が初めて小松菜奈と出会った瞬間は彼女にとって最後の瞬間となるわけです。福士蒼汰がその事実を知るまでは、なぜか涙もろい彼女ということになるわけですが、実際はとても悲しい現実が待っていたわけですね。

 

感想

こういった恋愛ものはある時期によく流行っていたように思います。私はそれらのどの映画を見ても、どこがいいのかよくわからなかったのですが、この映画だけはなぜか琴線に触れました

私たちは普段何気ない毎日を過ごしていて、明日が当然のようにあると思っているわけですが、それが本当は最後の瞬間なのかもしれない。日々を大切に生きようという気持ちにさせられる映画だったと思います。

そして何より、映画を見てより一層主題歌が好きになりました。この映画はハッピーエンドなのかバットエンドなのか難しいところではありますが、お互い悲しみつつも前向きに進んでいく話なので主題歌のタイトル通りハッピーエンドということなのでしょうね。

ハッピーエンド

ハッピーエンド

  • back number
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes