初心者がFXで勝つのは難しいと感じた理由

株や投資信託である程度の収益が出るようになったので、これまで食わず嫌いをしていたFXにも挑戦してみました。

ここでは失敗に終わった私の挑戦記録投資としてはおすすめできない理由を書いていきます。

 

 

 

私のFX挑戦記録

まずは適当に売買

FXについてはあまり理解できていませんでした。とりあえず経験だと思い、保証金は十万円ほど、レバレッジは十数倍程度で売り買い。うまくいけば決済ということを繰り返してきました。

なぜか運が良く数時間で2,000円ぐらい収益がでました。この方法は案外大丈夫なのかと思い、続けてみたところ5,000円の損失となりました。

 

次にスキャルピング

儲ける方法を学ばなければいけないと思い、いろいろ調べてみたところ、スキャルピングという方法に辿り着きます。

これは超短時間で決済をするもので、僅かな収益を積み重ねていくという手法です。常にチャートを見ているため大きな損失が出ることはないのが良い点です。

相場の動きを見て強い上昇か下降があった時に流れに乗ることができれば成功です。しかし結果から言えば、たまに成功しほとんど失敗し、損失の5,000円を取り戻すことはできませんでした。

 

FXをおすすめしない理由

分析が納得できない

プロは様々な分析をするようですが、それがどの程度うまくいっているのかはよくわかりません。各所で紹介されているものを調べてみましたが、結局後出しのような気がしてあまり納得できませんでした。

 

ストレスが溜まる

長期的に取引をする手法ならよいのですが、短期決済の場合はストレスが強いです。ほとんど負けるため喜びを感じる機会は多くありません。

 

スプレッドの存在により勝ちにくい

FXは売買に手数料はかかりませんが、スプレッドという損失が必ず発生します。これの影響が意外と大きいため、基本的に負けます。

 

スリッページの存在により勝ちにくい

FXでは通信時間の誤差により、思ったタイミングで取引できません。これの影響も意外と大きく、かなりのマイナスを負ってスタートすることが多々ありました。

 

 

まとめ

負けるとわかっていても確かにFXは面白いです。たったの数秒で数千円稼げる魅力は相当なものです。投資信託であれば数千円が分配されるまでに一月かかります。これがギャンブルの中毒性なのだなと感じました。

もちろん勝っている人がいるのも事実ですが、資産運用を堅実にしたい人は、手を出さないほうがよいでしょう。私はこれで引退し、株と投資信託に専念します。