【海外資産を保有する理由】ポートフォリオに外貨を加えてみた

株や投資信託にもだいぶ慣れてきましたが、現在最も苦慮しているのがポートフォリオをどのように組むべきかということです。日本企業の株式だけを持つのはリスクが高いため、国債や外国株なども保有していく必要があると感じていました。ここではなぜ私が外国株やETFなどを保有せずFXで外貨保有をする戦略をとることにしたのか説明します。

 

 

 

リスクマネジメントの考え方

様々な本やサイトなどで勉強してみましたが、私たちの経済に関する将来のパターンは4つに区分されるそうです。一つは円高かつデフレ、二つは円高かつインフレ、三つは円安かつデフレ、四つは円安かつインフレです。円高とは日本通貨の価値が相対的に高いことであり、インフレは物の価値が上がっていくこと(相対的に現在保有しているお金の価値が下がること)です。ハイパーインフレとなると現在保有する一万円札の束がゴミくずとなる可能性もあります。

多くの人は日本円の現金貯金を多く保有するわけですが、これは円高かつデフレの場合のみ有効な手段です。しかし、円安かつインフレの場合、海外から輸入した製品や食料が非常に高額なものとなり、また日本国内で生産された物の価値も相対的に高く感じることになってしまいます。そのため、どのシナリオが到来してもいいようにリスク分散する必要があるわけです。

デフレ対策が現金保有であることはわかりましたが、インフレ対策はどうすればよいのでしょうか。これには、またなどを保有することが有効です。

また円高対策が日本円保有であることはわかりましたが、円安対策はどうすればよいのでしょうか。これは外国株外貨を保有することが有効です。

ということで、私の場合はこれまでインフレ対策は株式や投資信託の保有によりできていましたが、円安対策が為されていませんでした。そこでどのような形式でこれをポートフォリオに組み込むかについて長らく検討してきたわけです。

 

外国株式かMMFかETFか外貨か

海外資産を保有しようとした場合の選択肢はいくつかあります。一般的に手を出しやすいものは次にあげるものですべてだと思います。

  • 円建て外国株式
  • 外貨建て外国株式
  • MMF(外国版投資信託)
  • ETF(外国版)
  • 外貨預金
  • FX

まず円建て外国株式ですが、これは為替変動と外国株価の2つが変数として加わるため複雑なものとなります。私は投資信託で円建ての外国株価連動のものをわずかに保有していますが、これを海外資産として扱うのは少し違うかなと思っています。

次に外貨建て外国株式MMFETFなどはすべて一度為替取引をしてから、これらのものに変換することになります。これらは外貨として貯金をしておくだけでなく、そこからさらに株価の上昇などによる利益も得られるところが利点です。しかし、円建て外国株と同じく為替と株価の2変数になることや、為替トレードに対する手数料、株式売買手数料、利益約定に対する手数料に加え税金もかかることなど、マイナス面も多くあります。

最後が外貨預金資産運用としてのFXです。資産運用としてのFXとは外貨預金と同様、レバレッジを利かせたギャンブルのようなトレードをするというものではなく、長期的に積み立てていくことを指します。外貨預金については高額な手数料がかかってしまうためほとんどおすすめされていませんが、FXトレードの手数料はかなり低めに設定されています。外貨の価値が上がるということは、その国の価値が上がることでもあるため、おそらく外国株式などとも連動する可能性が高いと思います。そうであるならば、多くの手数料を取られてしまう外国株式の保有などではなく、為替変動のみで円安リスクに備えるFXでの外貨保有が有効であろうという結論に至りました。

以前超短期トレードでFXをやってみた際は、ただのギャンブルに過ぎないと思っていましたが、ポートフォリオに海外資産を加えることを考えたとき、FXは使えるツールなのではないかと感じています。

 

業界最狭水準のスプレッドで取引手数料は0円!