【投資初心者向け】会社員の私が個人型確定拠出年金を始めないことにした理由

巷では増税に関する懸念が叫ばれていますが、こうなってくるといかに節税を心掛けるかが大事です。会社員にできる節税方法はあまり多くはないのですが、近年よく知られるのは確定拠出年金ではないでしょうか。

今回は企業年金制度がない会社に勤める私が、個人型確定拠出年金を始めていない理由について書いていきたいと思います。

 

 

 

人物モデル

ここでは次のような会社員を想定していきます。

まず年齢は30歳です。現在の年収は600万円で、定年まで昇給していき60歳ごろに年収が1000万円になるとします。会社の定年は60歳で退職金は2000万円です。つまりこの方の場合、各月に2万3000円ずつ(年間27万6000円)拠出し、30年間運用することになります。拠出合計額は828万円となります。

この人の場合、確定拠出年金によって最終的にいくら得することができるのでしょうか。

 

利益

控除による利益

確定拠出年金による利益の最大の部分は所得控除による所得税と住民税の削減です。以下のページで簡単にシミュレーションができます。

dc-center.jp

さて、シミュレーションによると、年収600万円から年収1000万円付近において、年間27万6000円拠出した場合、およそ8万円から10万円程度の節税になるようです。ここでは平均して9万円の節税を30年間行えたものとします。

これによる利益の合計は270万円です。

 

運用による利益

次に運用による利益を計算します。通常の資産運用の利益や銀行預金の利息には、税金がかかります。しかし、これの運用益が非課税となることも確定拠出年金のメリットなのでしたね。

たまに見かける記事では、「年間5%の利回りで運用すれば○○円もお得!」という景気のいいことを書いていたりしますが、投資の世界はそれほど甘くありません。ここでは定期預金など元本保証の商品で運用した場合(利回り0.1%)比較的リスクの低い商品で安定して運用した場合(利回り1%)をモデルに計算します。このような計算をするときは以下のサイトが役に立ちます。

keisan.casio.jp

さて、利回り0.1%で運用した場合は拠出額828万円が840万5555円となり、利回り1%で運用した場合は拠出額828万円が965万2465円となるそうです。それぞれ12万5555円と137万2465円の利益となります。

さきほど計算した控除額270万円と合わせると、30年間でおよそ280万円と400万円の利益となり、やはり確定拠出年金はお得!ということになりそうです。しかし、実際には別の費用がかかります。

 

費用

運用コスト

1つめは運用コストです。ここでは口座維持費がかからないSBI証券を選んだとしましょう。

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-

上のページによると確定拠出年金を開始するにあたり2777円と、口座管理費を各月167円国民年金機構等へ支払わなければならないそうです。これを合わせると30年間で6万2897円です。利回り0.1%で運用していた場合は、利息分の半分は管理費で飛ばされてしまうことになります。

 

受け取り時の所得課税

さて、私が確定拠出年金をやりたくなかった理由がここにあります。

運用してきた拠出金を受け取るときには税金がかかります。これは国民年金等の場合と一緒です。税金で徴収されてきた年金を受給すると、それが所得として扱われてしまうのと同じく、確定拠出年金を受け取る場合も所得として扱われてしまいます。もしも確定拠出年金をせず、もらったお金をそのまま銀行に預け続けていれば、このような二重課税のような事態にはなりません。とはいえ、これらの受け取り所得も控除(非課税に)できるルールがあります。

まず、60歳の時点で一括して拠出金を受け取れば退職所得控除が適用されます。これは1500万円の控除となるため、1%で運用した場合の965万2465円でもそのまま非課税で受け取ることができる..ということにはなりません。この退職所得控除は会社の退職金と合わせた金額に対して適用されるので、今回のモデルの場合、退職金2000万円によってすでに控除枠を使い切っています。つまりはみ出た分はすべて課税対象となるわけです。

もう一つの受給方法は年金式にすることです。この場合は一年ごとに70万円までの公的年金等控除が適用されます。65歳から国民年金などの受給が開始すると、この枠を使い切ってしまうので、確定拠出年金の受け取りは60歳から64歳までに済ませることで、控除枠を活用できます。しかしそれでも5年間で350万円までです。はみ出た分の490万円(利回り0.1%の場合)や615万円(利回り1%の場合)についてはどうしても課税対象とせざるを得ません。

税引き後の手取り額はおよそ8割とすることが一般的です。つまりこの場合だと98万円(利回り0.1%の場合)、123万円(利回り1%)は税金として取られてしまいます。

 

最終的な利益

これらの結果をまとめると次のようになります。

0.1%で運用した場合は、拠出金828万円に対して178万円の利益です。(控除270万+運用益12万-管理費6万-租税98万)

1%で運用した場合は、拠出金828万円に対して278万円の利益です。(控除270万+運用益137万-管理費6万-租税123万)

 

感想

金額だけを見れば間違いなく得はしています。元本保証の場合でも178万円の利益であり、何もせず178万円もらえるのであればぜひ欲しいですよね。

しかし気になる点があります。それは拠出金828万円は60歳まで完全に拘束されてしまうということです。これだけの大金をこれだけの期間奪われていたにもかかわらず、それだけの時間をかけて手間暇をかけてきたにもかかわらず、その利益が200万円程度であるというのは残念な気がします。

私が新入社員のときに受けた保険の勧誘でも、同じようなことを言われました。毎月数万円ずつ保険をかけていくと、満期になれば100万から200万円ほど増加して返金されるというものです。当時も、「それだけの期間をかけて100万円では物足りない」「若い今だからこそ、お金が必要ある」と言ってお断りしましたが、確定拠出年金についても同じであると私は感じています。

それともう一つ気になる点は、公的年金等控除は今後も70万円であるかわからないという点です。国は税金のルールを簡単に変えてきます。もしも私たちが受け取りをする際にこのルールが変更されていれば、租税分がさらに膨らみ受取金が減ります。30年間という長い期間の運用には、それだけのデメリットがあるわけです。

確定拠出年金を行うべきか迷っている方は、単に節税という言葉に踊らされず、これらのことを考えたうえで始めることをおすすめします。

 

(投資初心者の記事なので、文中に誤った記載があるかもしれません。その際は遠慮なさらずご指摘ください。)