【映画 関ヶ原の評価と解説】 原作ファンでなければ難しい作品かも

映画関ヶ原を見てきました。これは原作ファンとしてはあのシーンだな、と思いながら見ることができたので満足できましたが、予備知識がないまま見に行くと苦労するかもしれません。ここではファンとしての純粋な感想と、ファンでない方がもしかすると苦労するかもしれない点について書いておきます。昔書いた解説記事のリンクも載せておきますので、興味のある方はご覧下さい。

 

 

原作ファンとしての感想

原作ファンとしては面白かったです。それぞれの役者さんも演技に力が入っており、見応えがありました。近年の大河ドラマでは決して見ることのできない大規模な合戦シーンもあり、まさに映画館で見るべき作品です。

ただ、2時間半では明らかに時間が足りていないため展開が駆け足であり、省略されたシーンが山ほどあります。とくに家康最大の勝負どころである小山評定がまるまるカットされていたのは、仕方ないとはいえ残念でした。

 

原作ファンでなければ難しい理由

人間関係がわかりにくい

関ヶ原の戦いは、相当の人物が関わります。映画を初見で見ただけの方は、東軍の家康・福島正則・加藤清正・小早川秀秋、西軍の三成・島左近・大谷吉継程度しか記憶に残っていないのではないでしょうか。一応画面には登場していますが、そのシーンが一瞬であったり、細川ガラシャや真田家などのように名前しか登場しない者も多く、関係性を理解しづらいと思います。そもそも、どうして三成があれほどまでに家康を憎むようになったのかという点もわかりにくかったかもしれません。

ちなみに、虎=加藤清正、市松=福島正則、金吾=小早川秀秋、刑部=大谷吉継などの呼び方も解説なしにバンバン使われるので先に知っておくと良いでしょう。

 

セリフが聞き取りにくい

また、基本的にセリフは早口で怒鳴り声の場合も多く、さらに島津家の人物は薩摩訛りのままで演技をするため、聞き取れないセリフが山ほどあります。原作を知っていたり、歴史に詳しければある程度は想像で補えるのですが、それでもよくわからなかったところが多々ありました。

 

合戦シーンの展開がわかりにくい

終盤はそれなりの時間をかけて派手な合戦シーンを上映してくれます。原作ファンとしては臨場感があって満足なのですが、これまでの展開や人間関係、派閥などを理解していなければ、合戦がどのような展開で進んでいったのか理解が難しかったのではないかと思います。

 

原作との違い

うろ覚えなのですが、初芽がらみのシーンは原作と違う点が多かったように思います。そもそも伊賀者という設定はなかったはずですし、初芽が行っていた諜報活動は、原作では島左近が行っています。

映画のみの方は意外に思うかもしれませんが、原作の島左近は武力に長けているだけではなく万能です。一人で家康を暗殺しようとしたり、変装して諜報活動も行います。それだけのことができるからこそ、三成は石高の半分を与えてまで島左近を雇ったのです。

 

まだ映画を見ていない方や、見たものの理解できなかった方は次の記事も参考にしてみてください。

www.worker-tokyo.com