私が有料で利用しているおすすめの定額サービスを3つ紹介する

私は半年ほどかけて定額サービスの利用について検討してきました。amazon primeやunext、dマガジンやDMMなどを無料体験で利用してきた私が、最終的に有料で利用することにした3つのサービスを紹介します。

 

 

 

動画を見るならU-NEXT

動画配信サービスはU-NEXTに決定しました。U-NEXTは月額1,990円と少々値が張りますが、毎月1,200ポイントが配布されるため、有料動画を1,200ポイント分視聴できます。U-NEXTは積極的に最新作の映画やドラマを公開しており、お得感が強くあります。無料体験を繰り返して、最終的には退会しようと思っていたのですが、下の2つのポイントが費用対効果を上回ると判断し、継続利用することにしました。

他の動画サイトとの違いは、上記のようなシステムであるため最新作が見られることと、アダルト動画を視聴できることです。ポイントはアダルト動画にも利用できるため最新作を視聴することも可能です。amazon primeで公開されるのは一昔前の映画ばかりなので、新しい物好きの人は満足できないと思います。その点の欲求を満たしてくれるのはU-NEXTだけです。

(一応雑誌も見ることができますが、その点についてはあまり期待できません。)

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

www.worker-tokyo.com

 

雑誌を読むならdマガジン

雑誌配信サービスはdマガジンを利用しています。これは月額たったの400円で有名雑誌が読み放題になります。私はビジネス系、ファッション系、物系の雑誌を読むことを目的としていましたが、dマガジンは期待したほぼすべての雑誌を網羅してくれているのでとても満足です。

ただし注意点があります。1つ目はすべてのページが見られるわけではないということです。雑誌によってはページ数が飛んで表示されている部分があります。これはどのサービスでも同じだと思いますが、定額配信される電子版では一部のページが切り取られるようです。2つ目はアダルト関連のページはモザイクがかかるか修正されます。水着写真ぐらいは掲載されていますが、そのようなページを期待してる方にはおすすめできません。3つ目は雑誌以外の書籍を読むことは出来ません。他のサービスでは、無料でマンガ読み放題などもありますが、そのようなサービスは含まれていません。純粋に雑誌を読みたい人に向けたサービスとなります。(もしもU-NEXTを利用するのであれば、その点については補完されます。)

magazine.dmkt-sp.jp

 

音楽を聴くならレコチョク

音楽配信サービスはレコチョクを利用しています。レコチョクは月額980円と少し高く感じるのですが、大半の邦楽は聴くことができます。好きな曲だけレンタルしたほうが安いのではないかと最後まで迷いましたが、返却の手間があることや、レコチョクでは最新曲も聴けることを加味して、継続利用することに決めました。

これまではyoutubeなどを利用していましたが、直近に再生した100曲ほどの音楽は、スマホやタブレットに保存されるため、wifiが通じない外出中でも安心して利用できます。また通信が制限される(もしくは利用できなくなる)飛行機の機内でも、この機能があるため音楽を楽しむことが出来ます。

recochoku.jp

 

まとめ

合計すると3,000円少々が毎月かかることになります。年間36,000円もかけるほどの価値があるのか当初は疑問に感じていました。しかし、これらを一度利用してみると、暮らしが鮮やかで豊かなものになったような気がします。

dマガジンで雑誌を読むと、堅いニュースからゴシップまで、最近の話題に詳しくなり雑談も盛り上がります。U-NEXTを利用すると、ネットで拾ってきた低画質でストレスのたまる動画を見る必要もなくなります。レコチョクを利用すると、日々の生活の中に音楽が広がるようになります。

もちろんこれらを全て網羅してわずか年額4,000円のamazon primeはものすごいサービスだと思いますが、以下の理由で私は利用していません。(ただしkindkeのみは購入しました。)

www.worker-tokyo.com