私服がおしゃれになりたければこの一冊を読めば十分だった

おしゃれになりたいとは誰もが考えたことがあるはずです。しかし私たちはその方法をこれまで教わったことがありません。 私もそうです。雑誌を見てもそれがおしゃれなのかよくわかりません。店ではおしゃれに見えたものの、買ってみるといまいちおしゃれに見…

筋トレが続かない人が読むべき2冊の本

日常的な体力をつけるために筋トレをしたいと思い立っても、それがなかなか続かない経験はないでしょうか。私もそのようなことをここ何年か繰り返していたのですが、次の2冊を読んでから筋トレが非常にはかどるようになりました。

【スタンフォード式 疲れない体】仕事の疲れに強くなる方法

話題の新刊である『スタンフォード式 疲れない体』を読みました。

男性の肌の悩みを解決してくれるおすすめの本

私は昔からニキビなどができやすく、顔のテカりも多いほうでした。浅い知識のもと、なんとなく化粧水を利用してきましたが、それでもあまり改善されていきません。そこで購読したのが、「エグゼクティブになるひとの若々しい顔のつくり方」という一冊です。

【ADHDの人のためのアンガーマネジメント】怒りっぽい自分と向き合う方法 

せっかくの人生を楽しく生きたいとはいっても、怒りの感情と縁を切ることはできません。本書「ADHDの人のためのアンガーマネジメント」は、怒りの感情との向き合い方や対処法を教えてくれます。 イライラしない、怒らない ADHDの人のためのアンガーマネジメ…

【ブッダの感興のことば】会社や学校、人生がつらいときの励みになる教え

前回紹介した真理のことばの続きである、「感興のことば」を読みました。こちらはウダーナヴァルガを邦訳したものですが、真理のことばよりももう少し個々の内容について詳しく書いてある印象でした。 www.worker-tokyo.com こちらはすべての教えを内容に合…

【ブッダの心理のことば】会社や学校、人生がつらいときの励みになる教え

仏教の古典といわれるダンマパダ。これを和訳して出版されたのが、中村元氏による「ブッダの真理のことば」です。本書は感興のことばとセットになっていますが、まず前半のダンマパダを通読してみました。

【小説とマンガで中国史を学ぶ】おすすめの歴史小説と歴史マンガをまとめる【随時更新】

私は歴史小説が好きで子供の頃から本をよく読んでいました。とくに好きなのは中国史と戦国時代のものであり、それらから多くの人生や生き様を学んできました。小説やマンガは取っ付き易いため、少しでも興味があり歴史に詳しくなりたいという人にはおすすめ…

【小説とマンガで日本史を学ぶ】おすすめの歴史小説と歴史マンガをまとめる【随時更新】 

私は歴史小説が好きで子供の頃から本をよく読んでいました。とくに好きなのは中国史と戦国時代のものであり、それらから多くの人生や生き様を学んできました。小説やマンガは取っ付き易いため、少しでも興味があり歴史に詳しくなりたいという人にはおすすめ…

【人事と組織の経済学・実践編】理論的なため一部内容は難しいがビジネスマン必携の名著

今回は人事と組織の経済学・実践編を紹介します。どのような経緯でこの本にたどり着いたのか忘れてしまうほど昔に購入したものなのですが、ようやく読み終えることができました。内容は人事と組織に関する論説なのですが、経済学と絡めることで数字を用いた…

【会社を見限っている人のほうが出世をする】東洋経済オンラインの記事について私が感じたこと

東洋経済オンラインでこのようなタイトルの記事を見つけました。ここに書かれていた内容が、私が最近仕事や会社について考えていたことにとても近かったので紹介します。 toyokeizai.net

【問題発見プロフェッショナル】問題発見力を高める方法

私は会社で業務改善に携わっていますが、実際に感じるのは課題を発見することが最も難しいということです。 適切な課題を発見することさえ出来れば、解決の実行をすることは難しくありません。社内の調整業務や、資源配分などで苦労することはあるかもしれま…

【ビジネスマンの基礎知識としてのMBA入門】MBAで学ぶ内容を初心者が理解するにはおすすめの入門書

本書は複数の講師による公演を文書化し、MBAで学ぶことの概要をまとめたものです。内容は非常にわかりやすく具体例も豊富にありますので、タイトルの通り入門書としてはとてもおすすめです。

【Personal MBA】独学でMBAに匹敵する知識を本書で得ることはできるのか

話題となっていたビジネス書であるPersonal MBA。原本の著者であるジョシュ・カウフマンはP&Gで働きながらビジネス書を読み漁り、その中で良書と思われるものを自身のサイト「Personal MBA」で公開しました。これが多くの人を惹きつけ、ビジネススクールに通…

【桐島、部活やめるってよ】解説を読んでようやく理解できた作品の意図と感想

数年前に公開された映画だと思っていましたが、2012年の映画だそうで随分と時間が経っていました。『何者』は小説で読んでいたため、朝井リョウ氏には注目していましたが、『桐島』は視聴できていませんでした。 この映画を最初に見たとき、展開はわかるもの…

【司馬遼太郎原作「関ヶ原」】岡田准一主演映画を楽しむために知っておきたい基礎知識

徳川家康と石田三成の争いを描いた歴史小説「関ヶ原」。司馬遼太郎作品のなかでも極めて人気ですが、今回はV6岡田准一主演の映画化に向けて改めて注目されている本作品について、簡単に紹介します。 原作も大変面白いので興味を持たれたかたは是非読んでみて…

【経営戦略の入門書】経営戦略研究会著 「この一冊ですべてわかる 経営戦略の基本」が扱う戦略論について

私は経営戦略論について興味を持ち、入門書にあたる書籍をいくつか読んできました。その中でも最もわかりやすくまとまっていたのがこの本です。そこでこの本では主にどのような戦略論を扱っているのか、簡単にまとめておきます。 下記の内容は本書第2章の内…

【ベストセラー 呉座勇一著「応仁の乱」を読んで】応仁の乱の原因と結果について簡単にまとめる

呉座勇一氏のベストセラー「応仁の乱」を読みました。本作品は京都を何年にもわたり火の海と化した応仁の乱について、当時の興福寺を支えていた経覚・尋尊の2名の日記をもとに、争乱の中身を紐解くというものです。 この本はベストセラーということで多くの…

【国盗り物語のあらすじと感想】明智光秀はなぜ裏切ったのか

司馬遼太郎作品のなかでも有名な国盗り物語。斉藤道三の時代から本能寺の変までを描く歴史小説で、時代背景の面白さもあって終始盛り上がりのある内容となっています。 今回は本作品のあらすじと簡単な感想を記事にします。

人生を豊かにする方法 「ザ・コーチ 最高の自分に出会える」を読んだ感想

自分の人生は何のためにあるのか。そのためには今何をするべきなのか。 考えなければならないことはたくさんあるのですが、それもどのようにすればよいのかわからず、なんとなく日々を送っている方も多いのではないでしょうか。今回紹介する本「ザ・コーチ …

【秀吉に学ぶ処世術】吉川英治の新書太閤記を読んだので感想を書く

私は歴史小説が好きで司馬遼太郎の作品は数多く読んできました。そんな折に青空文庫をたまたま見ていると吉川英治の作品が人気ランキングに組み込まれていました。実は歴史好きでありながら、私は恥ずかしいことにこれまで彼の存在を知りませんでした。 さっ…