【ワンカラを利用するメリット】ひとりカラオケは専門店に行くのがやはりおすすめ

私はカラオケが好きでひとりカラオケにも行きます。これまでは安いこともあり普通のカラオケ店に一人で入店する方法をとっていたのですが、ついにひとりカラオケ専門店『ワンカラ』を利用してみました。ここではメリットとデメリットを紹介します。

 

 

メリット

周りの目が気にならない

一番のメリットはこれです。ワンカラでは個室ブースに入ったらヘッドホンを装着するため自分にしか曲が聞こえません。もちろん歌声だけは部屋中に響くのでしょうが、確認したところ防音がしっかりしており廊下には漏れていません。

通常のカラオケ店だと廊下に漏れるてしまうため、多少曲選びも意識してしまうところもあったので、この点は大きなメリットです。

 

歌がうまく聞こえるため熱唱しやすい

通常のカラオケ店のような全方位に向けたスピーカーではなく、ヘッドホンからの返しで自分の歌声を聴くため、とてもうまく感じます。通常店でひとりカラオケをするといまいち物足りなく感じることがあったのですが、この環境だと熱唱しやすいです。

 

トイレに行くとき個室が自動ロックされる

これはワンカラのみかもしれませんが、個室はドアが閉まると自動でロックされる仕組みです。通常店だとトイレに行くときに貴重品の心配をしなければなりません。これは大変うれしい設備です。

 

一時中断ができる

私は通常店でカラオケをすると、途中で何度かトイレに立つのですが、この時歌を中断する機能がないことも多いですよね。ワンカラではモニター画面に一時中断ボタンがあるため、歌いたかったのに流れっぱなしになってしまうことがありません。

 

デメリット

少し値段は高め

唯一のデメリットはこれです。とはいえフリードリンク込みの値段ですし、身分証明書の提示を要する会員制であるためか、店内は大変綺麗です。カラオケ店にありがちな安っぽさ、不潔感はありませんでした。

また、ヘッドホンを持参すればレンタル料300円を節約ができます。平日の昼間などは安く設定されていたりもするので、そのような時間に行けるのであれば狙ってみるのもおすすめです。