【20代男性向け】これだけあればマナー違反にはならない!結婚式の服装まとめ

就職したばかりの20代男性や、結婚式にあまり参加したことがない方へ向けた内容です。この記事ではこれだけあればマナー違反とは言われない最低限の服装を、私の経験もふまえて指南します。

結論からまとめますと上記の物が必要です。

 

ブラックスーツ

20代男性は就職活動で使った黒のリクルートスーツで大丈夫です。

私はネイビーやグレーのスーツも持っています。明るい結婚式の雰囲気にはそちらのほうが相応しいのではないかと思うのですが、一般的に親族の結婚式に参加する場合はほぼ黒一択、友人ならばそれ以外でも可ではあるが...といった認識のようです。

実際にこれまで複数の結婚式に参加してきましたが、ほとんどの方がブラックスーツを着用していました。色の明るいスーツでは少し浮いてしまうかもしれません。ブラックスーツでない人は、参加者のうち数名のことが多いです。

 

白のネクタイ

お馴染みの白のネクタイです。

近年は白ネクタイでなくて通常のネクタイを着用している人もいるのですが、もしも上記のブラックスーツに合わせると、普段の仕事感が出てしまいます。高いものではないので、白のネクタイ一本は用意するようにしましょう。

白のネクタイでない人は、参加者のうち数名のことが多いです。

 

ポケットチーフ

ポケットチーフは白いシルクのハンカチ自分で折りたたんでもよいですし、最近は最初から折りたたまれた形で売られているものも多いです。

ポケットチーフをしている人は意外と少ないのですが、これがあると雰囲気がグッと増すのでおすすめです。ポケットチーフ利用者は、参加者の半数ぐらいでしょうか。

 

黒の靴下

説明不要ですね。ブラックスーツにしっかり合わせた黒の靴下をはきましょう。

 

黒の革靴

定番なのは先端に一本横線が入ったストレートチップというタイプです。

若い男性ですと、茶色の革靴をつい履きたくなるのですが、ブラックスーツとの相性を考えるとやはり黒い革靴がおすすめです。

 

クラッチバック

基本的に男性は手ぶらで参加します。ただし荷物がある場合は事前にクロークに預けることができるので、自宅から手ぶらで行く必要はありません。

とはいえ結婚式の服装をしているのに適当なリュックなどを持っていると格好がつかないので、クラッチバックをおすすめします。この程度であればクロークに預けず式場に持ち込むことも可能です。

 

その他装飾品について

最後の注意点は腕時計です。

私も結婚式に参加するようになって初めて知ったのですが、結婚式では腕時計をしないのがマナーだそうです。時間を気にするのは失礼ということですね。

 

さて、これだけあれば結婚式スタイルが完成です。キメすぎてはいない無難な恰好ですが、マナーには忠実です。この格好から経験を重ねて、自分なりの視点で磨きをかけていけばいいのではないでしょうか。