最前列の真ん中で映画を見るメリットとデメリット

映画館では中央の席で見ることが多いのですが、先日チケット購入を失敗し、なぜか最前列ど真ん中の座席を予約していました。

映画館は混んでいなかったので別の座席に移動することもできたのですが、せっかくの機会なので、試しに最前列ど真ん中で視聴してみました。今回はそこで気が付いたことを書いていきます。

 

 

最前列の良い点

臨場感がある

スクリーンが視界いっぱいに広がるので、映像はとても迫力があります。高速で映像が動くシーンなどは、自分が実際に動いているように錯覚することもあります。

 

映画館を独占した気分になれる

自分より前に座席はなく、最前列に座る人はあまりいないため、基本的にスクリーン意外のものは視界に入りません。映画にのめりこんでいるうちは、自宅に居るのではないかと勘違いしてしまうほどにその場を独占できます。

 

くつろいだ姿勢が取れる

最前列は前に座席がないため、脚をおもいっきり伸ばして座ることが出来ます。また、ほとんど寝転がったような姿勢で見ても、スクリーンが視界に入るためくつろぐことが出来ます。

 

最前列の悪い点

スクリーンをかなり見上げることになる

ふつうに座ると、目の前にはスクリーンの下端があります。

そのためスクリーンの中央を見るためには、首をかなり上向きにしなければなりません。全体の映像をまんべんなく見る映画ならばよいのですが、字幕を読む必要があったり、スクリーンの端で展開があるなど、視線を動かす必要がある映画ではかなり苦しいと思います。

 

手前すぎて一目で見られない

再前列ではスクリーンに近すぎるため、全体を見ることができません。

 

ベストな姿勢を取るとだらしない格好になる

私が思う最前列でのベストな座り方は、座面に背中がつくぐらいに寝た姿勢を取り、背もたれの下部に首を預ける格好を取ることです。

がさつな若者や男性であれば良いのですが、姿勢よく視聴したい方やだらしない姿勢に抵抗がある方は、とにかく見上げる姿勢を取る以外の方法がなくなってしまうので苦しいと思います。

 

まとめ

結局のところ、最前列はおすすめしません。

1人で映画を見に行く場合(だらしない姿勢でも良い場合)または邦画を見る場合(字幕を読む必要がない場合)であれば、最前列でもなんとかなると思います。しかしそれ以外の場合は、最前列では見たくないと思いました。

あくまで私の考えですが、やはりスクリーンの大きさが適度に見え、音響の収束具合も良い中央付近で見るのがベストであると思います。ただし、最前列での視聴も、映画の後半頃には意外と慣れてくるので、好まれる方もいるかもしれません。